ダイエット中でも我慢しない!食べても罪悪感なしのカップケーキアイディア

『ヴィクトリア・シークレット ファッションショー 2016』や『アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル』シーズン23に登場するモデルたちを見て、スレンダーボディにあこがれる女性も多いはず。しかしなかなか甘いものがやめられない、という人もいるでしょう。スイーツといえばカロリー面が気になるところですが、今回は健康・美容面も気にする女性向けに、食べても罪悪感なしのカップケーキのアイディアをご紹介します。

カップケーキはダイエットの天敵!?

カップケーキとは、その名の通り、アルミや紙製のカップに入った一人分のケーキのこと。マフィンとは違い、上部がクリームやアイシングなどでデコレーションされているのが特徴です。色鮮やかな見た目が食欲をそそるカップケーキですが、炭水化物や脂肪、糖分がたっぷりと含まれているため、ダイエット中にはできるだけ避けたいおやつ。しかし、甘いものを完全に断とうと思うとストレスも溜まってしまいます。そんなときに「食べても罪悪感が湧かないカップケーキ」があれば、理想的だと思いませんか?

ヘルシーな材料を選べば、罪悪感なく食べられる!

実はカップケーキも材料次第でカロリーオフが可能になります。砂糖を減らし、果糖に頼ったり、バタークリームの代わりにギリシャヨーグルトでヘルシーにアレンジができます。また最近は「ヴィーガン(完全菜食主義)・カップケーキ」も話題。世界的に有名なディーバ・ビヨンセも、ヴィーガン・カップケーキに夢中だとか!

A post shared by Beyoncé (@beyonce) on


ビヨンセ公式Instagramアカウント(@beyonce)より

 

Instagramのヘルシーなカップケーキコレクション

A post shared by Amy (@amyshealthybaking) on


Amy’s Healthy Baking公式Instagramアカウント(@amyshealthybaking)より

こちらはラズベリーとギリシャヨーグルトを使ったクリームに、粉状のプロテインを混ぜ込んだカップケーキ。ギリシャヨーグルトは無脂肪のものを使っているので、生クリームを使用したものよりもさっぱりとした食感が特徴です。ヨーグルトにはプリンの素を加えることでクリームの粘度を高めます。プロテイン入りなら、ワークアウトに勤しむ女性のご褒美にも良さそうです。

 

A post shared by Amy (@amyshealthybaking) on



Amy’s Healthy Baking公式Instagramアカウント(@amyshealthybaking)より

生地にニンジンを練りこんだカップケーキは、栄養バランスが気になる人にもおすすめ。甘味は砂糖やはちみつに比べてカロリーが低いメープルシロップを使い、素材本来の味わいを感じることができます。こちらもクリームはギリシャヨーグルトがベース。

 

A post shared by mscupcakeuk (@mscupcakeuk) on


Ms. Cupcake公式Instagramアカウント(@mscupcakeuk)より

動物性のクリームとなるとこれだけのボリュームを平らげるのには勇気が要りますが、こちらは植物性のクリームを使ったチョコレートクッキー付きカップケーキ。チョコレート党にはうれしいおやつです。ブレイクタイムのコーヒーとのコンビネーションが楽しみです。

 

A post shared by hot for food (@hotforfood) on


hot for food公式Instagramアカウント(@hotforfood)より

 

こんなにカラフルなカップケーキもヴィーガン!クリームに見立てたものの材料は、冷凍ラズベリーとココナッツオイル、粉砂糖にバニラエッセンス。ココナッツオイルは中鎖脂肪酸を豊富に含んでおり、動物性脂肪の燃焼を助けてくれる作用があります。すでに身体についてしまった脂肪の撃退にも効果的なのです。

 

高カロリーと思われがちなカップケーキもアレンジ次第では、美味しく健康的に味わうことができます。みなさんもヴィーガン・カップケーキにトライして、無理をせずに美ボディを目指してみてはいかがでしょうか?