ネオ・スモーキーメイクって知ってる?アジアンビューティを追求する理想的なメイク方法

稲井たも

東京都生まれ。大学卒業後、スペイン・バスク地方に渡る。自らの体験を通してスペインの良さを伝えるべく、帰国後は編集プロダクションでエディターアシスタントとして従事。ティーン誌やギャル誌を担当した経験を活かし、独立後は中高生のトレンドを中心にリサーチしている。若者にまつわるアレコレを追いかけながらいつの間にか三十路を迎え、JALEEではアラサーの等身大の視点で記事制作を担当中。

稲井たも の他の記事を見る

海外ドラマに多く出演するアジア人女優は、オリエンタルな顔立ちを活かしたメイクアップで存在感を放っています。今回はアジア人の肌色に自然と馴染むカッパーブラウンをメインに、アジアンビューティをアピールできるネオ・スモーキーメイクをチェックします!

脱・ダークカラーで抜け感のある目元を演出

スモーキーメイクとは、「すすけたようなカラーをあしらったメイク」のこと。くすみがかった色を使うことで、目元の印象を強め、立体感を演出するものです。これまではブラック、ネイビー、グレー、カーキなどダークカラーを使ったものが主流でしたが、日常使いするのには主張が強すぎて抵抗を感じる人も多かったのでは?そこでトライしたいのが、カッパーブラウンを使ったネオ・スモーキーメイク。英語で銅(copper)を意味する、カッパーは赤味の強いブラウンで、アジア人の黄身がかった肌色とも自然と馴染み、女性らしさを与えてくれます。

 


MACコスメティックス公式Instagramアカウント(@maccosmetics)より


福原かれん公式Instagramアカウント(@karenfukuhara)より


ジェイミー・チャン公式Instagramアカウント(@jamiejchung)より

TAO