捜査だけじゃなく人間関係まで気になる! 男女バディの海外ドラマ作品4選

JALEE編集部

JALEEならではの海外ドラマ情報を発信しています。

JALEE編集部 の他の記事を見る

ドラマに引き込まれる魅力のひとつに、登場人物たちの人間関係があります。特に力を合わせて事件を解決していくバディ(相棒)との関係は魅力的で、それが男女ペアとなると、捜査や謎の解明以外にも2人の微妙な距離感が気になるところですよね。

あくまでも友情ベースだったり、お互い気になってはいるけれど、なかなか恋愛には発展しなかったり…と、作品によってその関係性は様々です。今回は、2人の関係が気になる男女バディ作品をご紹介します。

1.『BONES -骨は語る-』


BONES公式Twitter(@BONESonFOX)より
 
『BONES -骨は語る-』は、FBIのシーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)と法人類学者のテンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)のコンビが活躍する犯罪捜査ドラマです。殺人事件の現場に残された骨から証拠を見つけ出し、事件を解決に導いていく姿を描いています。

人間嫌いのブレナンがブースと関わることによって少しずつ気持ちの変化をみせ、それが次第に愛情へと変わっていく過程からは目が離せません。しかし、FBIには仕事関係者との恋愛に厳しい規則があります。2人はそれを理由に、お互い好意があるにもかかわらず、友人としての相棒関係を保とうとするのです。微妙な距離にあるブースとブレナンに、きっとヤキモキしてしまうこはず。さらに主人公たち以外にも、脇を固めるジェファソニアン法医学研究所の研究所員たちが奔放な恋愛関係を繰り広げます。

『BONES ー骨は語るー 』シーズン11はFOXチャンネルにて放送中(詳細はこちら)。

さらに、シーズン12【ファイナル・シーズン】がFOXチャンネルにて9月12日(火)22:00から放送開始となっています。

2.『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~』


CASTLE公式Twitter(@Castle_ABC)より
 
人気ベストセラー作家リチャード・キャッスル(ネイサン・フィリオン)と、ニューヨーク市警の美人刑事ケイト・ベケット(スタナ・カティック)がコンビで事件を解決していく、一話完結型のクライムストーリーです。

初めは相手に対する自分の気持ちを認められないというところから始まり、お互いに好意はあるのに仕事上での関係性を崩したくなくて気持ちを伝えられない、伝えようとするたびタイミングを失ってうやむやに…。2人の関係はじれったくもあり、また共感できる部分もあるんです。

事件の現場においては、民間人であるキャッスルを守って前線で戦う、ベケットの強いヒロイン像も魅力的です。普段はコミカルな雰囲気で、UFOやゾンビが殺人にかかわっているかも?などと奇抜なストーリーもありますが、ベケットの母親をめぐる事件や天敵となる殺人犯との戦いなどでは、シリアスな展開も。大金持ちで有名人、しかも(自称)天才のキャッスル、美人で強い刑事ベケット。2人のテンポのいい犯罪捜査は、見ている人を元気にしてくれます。

『キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き~』の詳細はこちら

3.『スリーピー・ホロウ』


スリーピー・ホロウ公式Twitter(@SleepyHollowFOX)より
 
『スリーピー・ホロウ』は1820年に書かれたアメリカ初の小説とも言われる『スリーピー・ホロウの伝説』をもとに、舞台を現代に移して描かれた重みと深みのあるミステリー作品です。アメリカ東部の村スリーピー・ホロウの女性警察官アビー・ミルズ(ニコール・ベハーリー)が首なし騎士を目撃したことで、1781年にアメリカ独立戦争で亡くなり、250年の時を経て甦ったイカボッド・クレーン(トム・マイソン)とコンビを組むことになります。そして、スリーピー・ホロウを舞台に、アメリカ独立の裏にある物語とリンクした不思議な事件に挑んでいくストーリーです。

背中あわせに命をあずけ合い、お互い何があっても相棒を助けるという2人の関係性はとてもプラトニックで、恋愛というよりも友情と言った方が近いかもしれません。

『スリーピー・ホロウ』の詳細はこちら

4.『APBハイテク捜査網』


APBハイテク捜査網 公式Twitter(@APBonFOX)より
 
犯罪によって親友を失った天才大富豪がシカゴ市警13分署を丸ごと買い取り、ハイテク技術をフル活用して事件解決に挑むクライム・アクション。ドローンや最新鋭の機器を操作して、警察のサポートする大富豪の天才発明家ギデオン・リーヴス(ジャスティン・カーク)と、現場シカゴ警察の女性刑事テレサ・マーフィ(ナタリー・マルティネス)の2人の掛け合いは、今後恋愛に発展しそうな空気感を漂わせています。

男女バディ作品の魅力は、質の高いミステリー作品として楽しめること、また男女の微妙な距離感が、観客をダブルでドキドキさせてくれるところかもしれませんね。ミステリー好きだけでなく、職場恋愛ものが好きな人にもおすすめです!