世界初映像あり!マーベル最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』の日本版予告がついに解禁!

11月3日に全米同時公開されるマーベル・スタジオ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』。新「アベンジャーズ」へのカウントダウンとなる本作の日本版本予告が公開になりました!映像には、今年1月に公開されたマーベル・スタジオの大ヒット作で、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジが冒頭から登場。予告編でドクター・ストレンジの登場シーンが見られるのは日本版のみとなっています。

気になるストーリーは?

アベンジャーズの一員として地球を守るため戦ってきたソーの前に<死の女神>が立ちはだかった。死の女神・ヘラは、ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、彼の国へ攻撃をはじめる。ヘラの復讐と野望を知ったソーは、この最強の敵を倒すため、盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチームを組み、極限バトルに挑む!果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていた。

日本版本予告映像


ディズニースタジオ公式YouTubeチャンネルより
 
今回、史上最強の死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)に武器であるハンマーを破壊され、絶体絶命となるソー。解禁された映像には、ヘラから世界を守るため、共に戦った盟友のハルク(マーク・ラファロ)とまるでアベンジャーズのような“新チーム”を結成するシーンが収められていました。宇宙一の裏切り王子こと、ソーの義理の弟ロキ(トム・ヒドルストン)や、新キャラクターの女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)が仲間となって、予告編の終盤には、4人がヘラと対峙するシーンも。日本で大人気のロキですが、彼のファンにはたまらない、ソーとロキの共闘シーンも見られます。一方、映像のラストで交わされているソーとハルクの会話はアベンジャーズのファン必見。「こんなにも沢山ハルクが喋るなんて!」と話題になっているようです。そして忘れちゃいけない、ソーの雷神パワーが炸裂する迫力のシーンもきっちり収められていますよ!本編への期待が高まる、盛りだくさんの内容ですね。
 

『マイティ・ソー バトルロイヤル』
2017年11月3日公開
監督:タイカ・ワイティティ  製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)他
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン