海外ドラマを見る時に使用したい!3万円以下の高コスパの「椅子」「ソファ」セレクション

海外ドラマや映画を見る瞬間というのは「とにかく作品にのめり込みたい!」「だれにも邪魔されたくない!」と感じる事が多いはず。宅急便・LINE・突然の雨など没入感を阻害する要素は色々存在します。でも、外的要因以外にも集中できない理由は、実は自分自身も含まれていることも。ソファや椅子に体がフィットしないでモゾモゾしてしまうことってありませんか?今回は集中して作品を見る時にオススメな3万円以下で購入できる、高コスパな「椅子」「ソファ」をご紹介します。

1. 前傾型 座椅子

ドラマを視聴していると、アクションシーンなどで前かがみになってしまう事も多いですよね。前かがみ状態が慢性的になると、猫背となり、肩・腰・首に負荷がかかり体がだるくなってしまうことも。そうした前のめりに作品を見る人にオススメしたいのが、『バディー』と呼ばれるゲーミングソファ。背もたれに見える部分に、胸部を押しあて前傾姿勢で体を固定化します。一時期、夜の通販番組や、ゲーム雑誌などで特集されていたタイプの椅子です。当時と異なり、お値段もお手ごろになりました。お菓子を食べながらの「ながら見」や、スマホでツイートしながらの「実況見」など、色々なシーンで活用できそうです。


amazon.co.jp

Amazonにて4980円で購入可能(3月27日時点)

2. マイクロビーズソファ

柔らかいマイクロビーズに包まれるソファです。このタイプのソファは、座った瞬間体が溶けていく様な感覚から「ヒトをダメにするソファ」なんて表現される事も。マイクロビーズとやわらかい質感のカバー素材は、体格を問わず、お尻や腰に上手にフィットしてくれます。体格が大きい人や子供などでも上手にフィットして、リラックスさせてくれます。


amazon.co.jp

Amazonにて3599円で購入可能(3月27日時点)

3. 寄りかかり型 フィットソファ

プレミアムな映画館といえば、ちょっと深めにリクライニングする座席が売りになっています。この椅子が家にあったら!でもきっと高いとあきらめている人にオススメしたいモデル。先ほどのマイクロビーズソファは柔らかさでフィットするタイプですが、こちらのモデルは、リクライニング状態に対して体の方がフィットしてしまうはず。「寝ている」と「座っている」のちょううどいいリクライニング加減。長時間の視聴の際にも、尾てい骨や腰の負担も減らしてくれます。また、サイドポケットにリモコンや雑誌などが入れられる点も見落とさないでくださいね。


amazon.co.jp

Amazonにて20388円で購入可能(3月27日時点)

4. ベーシックなシングルソファ

一人がけのソファといえば、映画やドラマに出てくるシンプルなスプリングタイプがオススメ。テレビの真正面にドーンと置いて使うのにちょうどいいサイズ感。腕を置く部分が、「ソファ地」と「木製」になっているものの2種類が存在します。編集部のおススメは、やっぱり「木製タイプ」。固さもさることながら、部屋のセンスをワンランクアップしてくれます。腰に置くクッションパターンも、ソファと一致しておりオススメの1品です。


amazon.co.jp

Amazonにて14440円で購入可能(3月27日時点)

5. こたつ型

最後にご紹介したいのが、1人用こたつ。4月に入り寒さをしのぐコタツはいらないのでは?と思われた方!こたつ型の良さをご存じないです。このモデルの素晴らしいところは、ちょうどいい低さの机と椅子がセットになっている点。床から低い位置にテレビを設置している人の場合、高い位置から見ると首がつかれてしまいます。『座面高』と呼ばれる、お尻のある位置が低い為、テレビを正面から見る事が出来、首への負担が減少します。筆者も愛用のモデルです。(ノートやパソコンをちょこんとおきながらレビューを書いています。)布団のつけ外しもできるため、オールシーズンの汎用性がある家具です。


amazon.co.jp

Amazonにて29729円で購入可能(3月27日現在)

 

6. さいごに

3万円もあれば、色々なタイプの椅子やソファの購入が可能ということが、おわかりいただけましたでしょうか。次回は、ドラマや映画で出てくる様な超高級ラインの家具などをご紹介します。