From LA:ノミネート発表まであと1週間!第70回エミー賞ノミネートの顔ぶれは?

第70回エミー賞のノミネーションが、西海岸時間7月12日に発表される。投票は先月25日に終了しており、関係者は今、ドキドキしながらその日を待つばかりだ。

 

今年も「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」が本命!復活した「ゲーム・オブ・スローンズ」が対抗に!?

テレビといえば地上波のメジャーネットワークを意味し、エミーの顔ぶれもいつも同じだったのは、昔のこと。ケーブルチャンネルやストリーミングサービスが次々にオリジナル番組を送り出す現代は、テレビ関係者である投票者すら、全番組を見るのが不可能なほどだ。ノミネーションに食い込むための競争も激化する一方。昨年はHuluの「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」がストリーミングの作品として初めてドラマシリーズ部門を受賞し、新たな歴史を作った。今や、誰にでもチャンスはある時代だ。今年のエミーでも、「ハンドメイズ〜」は第二シーズンで大健闘しそうな気配。多くのアワード予測専門家は、今作がドラマシリーズ部門、主演女優部門(エリザベス・モス)、助演女優部門(アン・ドード、アレクシス・ブレデル)などに候補入りすると予想している。ほかにドラマシリーズ部門に入りそうなのは、エミー常連の「ゲーム・オブ・スローンズ」(HBO)、「ザ・クラウン」(Netflix)、またメジャーネットワークの唯一の望みと言えるNBCの「THIS IS US 36歳、これから」など。「ジ・アメリカンズ」(FX)、「ウエストワールド」(HBO)、「ホームランド」(Showtime)、「ストレンジャー・シングス」(Netflix)にも希望がある。

 

今年のホストは、NBCの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」からコメディアンのコリン・ヨースト(左)とマイケル・チェに決定! © Television Academy.

 

「Veep/ヴィープ」が抜けたコメディシリーズ部門は、混戦の模様…

コメディシリーズ部門は、この部門の強敵「Veep/ヴィープ」(HBO)が、今年は新シーズンの放映がなく、対象外。今年活躍しそうなのは、Amazonの新シリーズでゴールデン・グローブ賞を獲った「マーベラス・ミセス・メイゼル」、やはりニューフェイスであるNetflixの「GLOW」、あとは前にも候補入りしている「アトランタ」(FX)、「Black-ish」(ABC)、「モダン・ファミリー」(ABC)、「ラリーのミッドライフ★クライシス」(HBO)、昔のエミー受賞番組のリバイバル版「ふたりは友達? ウィル&グレイス」(NBC)あたりだろうか。「マーベラス〜」の主演女優レイチェル・ブロズナハン(先日亡くなったケイト・スペードの姪でもある)はゴールデン・グローブ賞を受賞し、エミー賞も期待できるが、コメディシリーズ主演女優部門には、今年のオスカー受賞者である「Mom」(CBS)のアリソン・ジャニーという手強いライバルがいる。

 


主演女優賞への期待がかかる、レイチェル・ブロズナハン公式Instagram(@rachelbrosnahan)より

 
一方でオスカーの助演女優部門でジャニーと闘ったローリー・メトカーフは、コメディシリーズの助演女優部門にノミネートのチャンスがありそうだ。番組は、今年21年ぶりにリバイバルし、最高の視聴率を得たシットコム「Roseanne」(ABC)。この番組は、主演女優ロザンヌ・バーの人種差別ツイートのせいで打ち切りになってしまい、ABCはエミーのキャンペーンも行わないと決めたのだが、バーの共演者は言ってみれば被害者。メトカーフが先月のトニー賞で受賞を果たした時にも、そんな思いが多少は反映されたのかという憶測が流れた。だが、もし彼女がノミネーションを逃しても、同情は不要。ABCは、この秋、バー抜きで、彼女の家族のキャラクターたちを主人公にした「The Conners」という仮タイトルのコメディを始めると決めたのである。番組の出来次第では、彼女にはまだ次があるのだ。

 

猿渡由紀/L.A.在住映画ジャーナリスト

神戸市出身。上智大学文学部新聞学科卒。女性誌編集者(映画担当)を経て渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスター、映画監督のインタビュー記事や、撮影現場レポート記事、ハリウッド事情のコラムを、日本のメディアに寄稿。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。